fc2ブログ
日本ワークス K'S Room
日本ワークス Team K のブログ
酷暑の候
みなさん、こんにちは!

連日30度越えの暑さで、バテそうですね。
昨日、7月30日は土用の丑の日でしたが、みなさんは鰻を食べましたか?

土用の丑の日と言えば夏のイメージがありますが、実は1年を通して6回もあります。
今年の土用の丑の日は1月19日、1月31日、4月25日、7月30日、10月22日、11月3日です。

「土用」とは、古代中国に端を発する自然哲学の思想である五行思想(ごぎょうしそう)に由来する、季節の節目をあらわす雑節の一つで、立春、立夏、立秋、立冬の直前の約18日間を指します。

五行思想は、万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなるという考え方で、5つの元素は互いに影響を与えあいながら、変化し、また循環しているという思想です。

「丑の日」は十二支に基づく日付のことで、「土用」の18日の間にある「丑の日」を「土用の丑の日」といいます。

古来より日本では、季節の変わり目の「土用」は体調を崩しやすい為、丑の日にちなんで「う」が付く食べ物を食べると縁起がよいとし、「う」の付く梅やうどんを食べ無病息災を願っていました。
夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣は、江戸時代から始まったそうです。
説の一つに学者の平賀源内が発案したというものがあります。
鰻の旬は秋から冬の為、夏にあまり人気がなく困った鰻屋が、知恵者の平賀源内に相談しました。平賀源内は、土用の丑の日に「う」のつく鰻を売り出す貼紙をすることを提案し、鰻屋は大繁盛したというものです。

鰻はビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンE、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、カルシウム、カリウム、コラーゲンといった栄養素が豊富な食材で、夏バテ防止に効果的です。
鰻の他にも、ビタミンB1やタンパク質が豊富な豚肉、カリウムが多く含まれるトマトやキュウリ等も夏バテ防止に最適です。

栄養をつけて暑い夏を乗り切りましょう!


     夏バテペンギン
スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://worksks.blog73.fc2.com/tb.php/204-9ce70f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック